ブログ

子供の良い姿勢は「辛い」から続かない?

こんにちは、
片野よしえです。

背筋を伸ばすとは?

姿勢が悪いから、
背筋を伸ばしなさい!と注意されたら、
どんな動きをしますか?

ピンと背筋を伸ばす!
と思うと、
腰をそって胸を突き出す人が多いです。

講座の際に、子どもに最初にやってもらっても、
胸を突き出しますし、
大人にやってもらっても、
胸を突き出します。

背筋を伸ばすと聞くと、
背中を「棒のように伸ばす」のがよいと思い、
結果、無理やり胸を前に突き出します。

そうすると、
逆の背中が縮むことになり、
それが苦しいです。

だからそんな無理やりの姿勢は
辛くて続きません。

だから「いい姿勢をしても続かない」
という結果になります。

続かないのは
子供なら我慢して辛いことしませんよね。

背筋を伸ばすポイント

だから、ポイントは他にあります。

あごです。

あごを引く。

猫背になると、あごが上がります。

まずあごを引くのです。

あごを引く際に下を向いてしまってはいけませんが、
あごを後ろにするように引くと
猫背も引っ込みます。

まずは、あごを意識すると良いのです。

姿勢が良いのが続かないと感じる人は、
先に胸を突き出して、
背中を無理やり縮めないように
注意しましょうね。

良い姿勢が続くようになるコツは
コチラをクリック↓↓